iku8log

Webエンジニア、SEO、Web解析等々しております。タダのメモ。

固定IPが取れないアパートで自宅サーバを公開してみた!

現在住んでるアパートは集合回線で、globalなIPが一つありそこからプライベートIPを振り出されている状況です。 よくあるやつですね。

ネット回線も遅く、自前で個人回線ひこうと思ったのですが、管理会社にダメ!って言われてので諦めました。 引ければ固定IPとって自宅サーバ立ててみるかと思ってたんですが。

とにかく、こんな環境でも無理やり自宅サーバを立て、HPを公開することができたのでメモしておきます。 VPSによる自宅サーバ公開方法があったので、参考にしました。 ちょうどさくらのVPSを2つかりてて、1つは全く使ってなかったので今回利用してやりました。

※HPを公開したかった訳ではありません。 自分のモチベーションとしては勉強目的です。今回の設定で色々と勉強できました。

必要な技術

  • VPS
  • VPN
  • Linuxルータ(iptablesによるnat)

この2つぐらいかなと思います。VPNの中で公開鍵だとかCAとかSSLといったキーワードが出てきます。

流れ

設定の流れはこうです。 まず公開したい自宅サーバ(CentOS7をインストールしている)あります。Apache等をテキトーに起動でもしときましょう。 次にVPSにVPNサーバを構築していきます。

VPNサーバで鍵とか証明書とか発行するので、それらをコピって自宅サーバに配置します。 自宅サーバからVPNサーバにVPN接続します。

VPSはLinuxルータとしても使用します。iptablesで自宅サーバにリクエストを飛ばしてやります。

これにより、VPSでリクエストを受け取り、VPNを通って自宅サーバまで到達。世界に自宅サーバを公開する事ができました、となるわけですね。

設定中はよく分かりませんでしたが、やはり手を動かしてトライ&エラー繰り返すと見えてくるものがありますね。 では、設定していきましょう。

以下、記述中なので、少々お待ちを....。コメントで早くしろってもらえると早くします。

VPSにOpenVPNでVPNサーバを構築

自宅サーバからVPNサーバにVPN接続

Linuxルータによるリクエスト転送